灰皿の中にあるタバコのフィルター

禁煙を始めるきっかけは必ずあるはずです。
何のメリットも感じなければ、やめるはずもないのです。
禁煙を成功させるためには、メリットとデメリットをイメージして明確にすることが大切です。
成功することによるメリット、喫煙を続けることによるデメリットをよく認識しておきましょう。
禁煙をするメリットは絶大であり、確実に寿命を延ばせると言われています。
喫煙を続けると寿命を10年も短くしてしまうと言われています。
肺がタールで真っ黒に汚れてしまうと、呼吸機能が低下してしまいます。
新鮮な酸素を全身に運搬する作用が低下し、少し動くだけで息切れしてしまうのです。
タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させて動脈硬化を促進します。
血管にとってニコチンは毒素であり、喫煙を続けるほど血管疾患のリスクが増します。
健康寿命を延ばすためには、禁煙することが一番効果的なのです。
禁煙には多大な経済的メリットもあり、タバコをやめることで月に1万円以上浮くという方は多いでしょう。
タバコは百害あって一利なしであり、喫煙をすることは不健康になるためにお金を浪費するようなものです。
ヘビースモーカーは貯金が苦手という言葉は的を射ているのです。
タバコの副流煙は、自分以外の方の健康被害の原因ともなります。
副流煙の害はすさまじく、これはフィルターを介さない煙を吸い込んでしまうからです。
愛煙家と一緒に生活している方は、知らず知らずのうちに寿命を短くしているのです。
禁煙するのが辛くなったら、メリットとデメリットを今一度よく考えてみることです。
辛いことを続けるためには動機とモチベーションが必要となります。
自力で続けることに限界を感じたら、迷わず禁煙外来で治療をしましょう。